オーストラリアで運転する人は絶対に注意すべき四つのこと!

オーストラリア生活

オーストラリアの車は右ハンドルで、道路は日本と同じ左側通行です。

日本と比べて道路の幅が広く、渋滞もほとんどないので、運転がしやすいです。

ただ、日本での運転では経験しないこと、とても厳しいルールがいくつかあり、知らないと危険だし、戸惑います。

しかも、これらを知らずに運転すると、かなりの確率で、罰則(罰金)を受けることになります。

なので、実際に私がオーストラリアで運転して、日本で運転している時とは違う、絶対に注意してほしいという四つの点をあげていきたいと思います。

広大なオーストラリアの土地を、安全に楽しく運転するために、是非覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ラウンドアバウト(roundabout)をマスターしよう!

これは、前方にラウンドアバウトがあるという標識です。

ラウンドアバウトとは、日本語では環状交差点といい、信号のない交差点のことです。

通行部分が環状(ドーナツ状)になっていて、車は右回りに通行します。

ラウンドアバウト、日本ではまだあまり見かけませんが、オーストラリアでは、信号機よりも圧倒的に多いです。

ラウンドアバウト交差点のルールは以下の通り。

・ラウンドアバウトに差し掛かる前に標識の制限速度にそって減速
・既にラウンドアバウト内を走行している車優先
・ラウンドアバウト内は時計回り(右回り)の一方通行
・(複数車線の)ラウンドアバウト内は車線変更禁止

こうやって読んでみると、ちょっと複雑に感じますが、大丈夫。けっこう単純です。

  • 右回り
  • 既にラウンドアバウト内を走行している車が優先
    ということは、自分の右側から来る車だけ優先すればいいのです。

ラウンドアバウトは、タイミングが大事で、自分の右から来る車がなければ、躊躇せずにさっと進むことが大切です。

ほら、大縄跳びのタイミングみたいなものです。
躊躇すると入れないでしょ?

複数車線あるアバウト内は車線変更が禁止なので、ラウンドアバウトに差し掛かる前に、左折の場合は左車線、右折の場合は右車線に入っていてください。直進の場合はどちらからでも大丈夫です。

(左折か右折の場合は、普通の交差点と同じ様に、方向指示器を出してください。)

慣れればどうってことないのですが、最初は車の少ない、一車線のラウンドアバウトで練習するのがいいかもしれません。

スピード制限は必ず厳守!

スピード制限は、一般道が60km/hとか、住宅街が50km/hとか、ハイウェイは 100km/h、もしくは 110km/hなど、場所によって違い、速度標識がはっきり出ています。

で、この標識に従って、スピード制限は、ぜーーーったいに守ってください!
絶対に厳守です!

でないと、必ず罰則取られます。はい、必ず。

たったの5km/hオーバーでも捕まりますよ(私です)。
先日、60km/hの区間を、ついうっかり65km/h出してしまい、違反を取られ、罰金としてA$174( 約¥13,700※2019年3月為替レート)を払いました。

悪気はなくても(いたって善良な市民です)5km/hなんて、フトしたはずみ(坂道など)に出てしまうので、注意しましょう。

ちなみに、スピード違反の取り締まりの方法は、

・道路に設置されているスピードカメラで写真を撮る
・目立たない道路脇に止めてある警察の車から写真を撮る
・警察の車が走っていて取り締まる

写真の場合には後日、スピード違反の証拠写真と文書が届きます、車と運転手が、かなりはっきりと写っているので、一目瞭然です。。。

オーストラリアでは、こんなにスピード違反に厳しいのは、とにかく車の事故が多いからです。制限速度を守ることが、事故防止につながりますからね。

同じ道路でも、区間によってスピード制限がちょくちょく変わるので、標識を見逃さないように気をつけて運転しましょう!

スクールゾーンを見逃さないように!

小中学校、高校のある付近はスクールゾーンになっています。

スクールゾーンの前後には標識が出ていて、その区間内は標識内の速度まで減速して走らなければありません。60km/hの制限道路でも、スクールゾーンの区間内だけは40km/hというわけです。

スクールゾーンのスピード制限は、標識に書いてある登下校の時間帯だけです
(上の写真の場合は午前8:00-9:30,午後2:30-4:00)。

これが、うっかりすると見過ごしてしまうことがあり、周りの車が減速して気付くこともあります。

このスクールゾーンでのスピード違反取り締まりは、より厳しいので、要注意です!

上の写真に、SCHOOL DAYSとあるように、スクールゾーンは、学校のある日のみに適用されます。

つまり、学校が休みである土曜日曜日と、長期休暇中は、この区間内も減速する必要はありません。

信号機のない横断歩道には目を光らせよう!

最近日本では、信号のない横断歩道で、止まらない車が多すぎることが問題になっています。

本来なら横断歩道に人が立っていれば、車が止まるべきなのですが、日本では、歩行者の方が車の切れ目を待って横断するのが現状ですよね。

 

オーストラリアでは、横断歩道は、どんな場合も歩行者大優先です。

横断歩道に、歩行者が立っている場合は、ぜーーーたいに停車しなければいけません。

歩行者優先なので、車が絶対に止るものと思って、皆さん、恐れず、躊躇せず横断してきます。

絶対に止まるように、くれぐれも気をつけてください!

歩行者がいるのを見落とさないように、横断歩道の手前から、よく気をつけて見る習慣をつけましょう。

横断歩道は道路上だけではありません。例えば、スーパーマーケットの駐車場とか、学校の敷地内とか、公園の中にも横断歩道があります。

駐車場内の横断歩道は、見通しが悪いことが多いので、特に気をつけて、人が立っていたら必ず止まりましょう。

まとめ

このように、オーストラリアで運転する時に、絶対に注意すべき四つの点をあげてみました。

・ラウンドアバウトのルール
・スピード制限の注意
・スクールゾーンの注意
・横断歩道の注意

異国で運転するわけなので、これ以外にも英語の標識など、最低限の交通ルールは事前に勉強しておくべきですが、自分の経験上、特に戸惑ったのが以上の4点です。

あらかじめ知っていれば安心して対処できます。

広大なオーストラリアで、安全に運転を楽しみましょう!