海外在住でもかけ算九九は日本語で覚えるのが良いと思う【体験談】  

学校・教育

日本人なら普通に、”かけ算の九九”がスラスラ言えるけど、それってすごいことなんですよ。

海外に出ると、大人でも九九を覚えていない人がけっこういます。

まあ今の時代、電卓があるからそんなに困らないのかもしれませんが。

日本人が、かけ算九九が得意なのは、九九の独特の語呂とリズム感のおかげだと思います。

子供の時に覚えたら一生忘れないですから。

我が家の息子は、オーストラリアの学校にいながら、かけ算九九は日本語で覚えたました。

その結果、九九の早さと正確はクラス、いや学年でダントツ一位に。

そしてそれがきっかけで、算数が大好きになり、やがてそのまま数学が一番の得意科目になるという嬉しい効果が!

かけ算九九は、現地語ではなく日本語で覚えた方が良い理由をまとめてみたいと思います。

海外在住で、お子さんがまだ幼い方々、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

かけ算九九は英語でどう言う?

かけ算九九のことを、英語では、

multiplication table もしくは
times table といいます。

そしてその覚え方には、日本語のような、「語呂合わせ」や「リズム」はありません。

短縮した言い方もなく、式のままそっくり読んで覚えます。

すなわち、日本語では

2×3=6 にさんがろく
2×4=8 にしがはち
2×5=10 にごじゅう

一方、英語では

2×3=6 two times three equals six
2×4=8 two times four equals eight
2×5=10 two times five equals ten

日本語はリズム感があるけど、英語はめちゃくちゃ長いし、テンポ悪いです。

なので、日本語の方がテンポよく、覚えやすいし、答えが早いし、忘れにくい。

というか、このリズムで覚えた九九は一度覚えたら忘れませんよね。

オーストラリア かけ算九九を覚える時期

かけ算の九九が日本では9×9までなのに比べ、オーストラリアでは12×12まで暗記させます。

授業の進度やカリキュラムは州によって若干違います。クイーンズランド州の小学校では、かけ算九九は、4年生から始めます。

日本が小学校2年生で覚えるのに比べたらずいぶんと遅いですよね?

しかも、一気に覚えるのではなく、授業で九九を使っているうちに、自然に覚えれば良いというスタンスです。

5年生の中頃には、やっとほとんどの子が九九を覚えますが、日本の子がスラスラと言えるような感じとは違います。

我が家の息子に九九を教えた時期、方法

diamond game

日本ではかけ算九九を覚えるのは小学校2年生です。なので、我が家の息子にもオーストラリアの小学校より一足早く、2年生の時に覚えさせました。

ちなみに、距離的に無理なので日本語補習校には通っていません。

有難いことに日本国籍があれば、海外どの国に住んでいても小学校、中学校の日本の教科書が支給されます(管轄の日本大使館、日本領事館に確認してください)。

日本の算数の教科書と、海外受講していた通信教育(ベネッセ)で、あっという間に覚えました。

2年生頃の子供って、そういう時期なのか、スポンジのようにすぐに暗記できます。
さらに、日本語の九九の独特のリズム感が覚えやすかったのは間違いありません。

このようにオーストラリアの学校より早めに、

  • 日本の子たちと同じ時期に九九を覚えたこと
  • 日本語で九九を覚えたこと

が、息子に大きな効果をもたらしました。

まとめ かけ算九九は日本語で覚えるのが最強

息子は、ずっとオーストラリアで教育を受けていますが、九九だけは日本語で覚えさせました。

その方が覚えやすいし、答えるのも早いし、忘れにくいと、私が思ったからです。

その結果、クラスのかけ算九九のテストでは、ダントツ一番になりました。

「オーストラリアではどうせ中学生からは電卓を使うから、、」、という意見もありそうですが、やはり基本の最低限の計算が強いと色々と役立ちます。

”クラスの中で計算が一番早い”という実績が息子の自信となり、そのまま中学高校でも数学が一番の得意科目だった息子。

息子本人も、「九九を日本語で覚えたから答えるのが誰よりもめっちゃ早かった。数学が得意になったのはあれがきっかけだった」と、はっきり感じてるようです。

これは、決して我が家だけのケースではありません。

オーストラリアにいる日本人の友達の子供で、数学が得意な子は皆、「九九だけは日本語で覚えた」と言っています。

世界に誇る、日本語の独特の九九の語呂合わせとリズム
どこの国に住もうとも、この「覚え方」を利用しない手はありません。